京都にある医学部受験を専門に扱っている予備校に通って勉強をした

医学部受験のため予備校に通って勉強しました

私は高校を卒業するまで京都にある実家で暮らしていて、高校を卒業した後は東京にある大学に入学するために上京して一人暮らしを始めました。
私は医師になるために医学部で必死に勉強して、数年前に大学を卒業した後直ぐに国家試験を受けて合格して医師免許を取得しました。
そして今は大学病院で医師として一生懸命働いていますが、毎日とても忙しいので休む暇もなく大変な思いをしています。
そのためこの仕事を辞めたくなることもたまにはありますが、患者さんが元気になって退院する姿を見ているとそんな気持ちは吹き飛んでしまいます。
正に医師は私にとって転職だと思っているので、辛いことがあってもこれからも医師として一生懸命働きたいと思っています。
私が医師を目指すきっかけになったのは中学時代に病気になった時に医師に助けられたことがあり、その時に人を助ける仕事の素晴らしさを感じてこの仕事に就くことが夢になりました。
ただ私は成績がなかなか上がらずに高校に入ってからもその状態が続いたので、教師からは諦めた方が良いのではないかと言われました。
しかし私はどうしても諦めることが出来ずに何としても医学部に入りたいと思ったので、予備校に通って勉強をすることにしました。

医学部受験のため予備校に通って勉強しました | 医学部受験を専門にしている実績が豊富な予備校でした | 受験勉強を通して自信もつきました